早速EAを稼働させてシステムトレードを開始!

MT4をマイPCにインストールしたら、早速自動売買プログラムであるEAを稼働させてみましょう。MT4ではEAという自動売買プログラムを設定することで24時間放ったらかしでもシステムが自動でトレードしてくれることが可能になります。
また、実際に稼働させてみた方はどこに注意して運用したら良いのかなどのコツを伝授致します。

メタトレーダーはサーバー型の自動売買ツールではないので、PCは常に起動しておく必要があります。サーバー型のものとはひまわり証券のエコトレFXやFXトレード・フィナンシャルのオートFXなどが該当します。メタトレーダーはそれらの取引システムとは異なり、自動売買を任せている間はパソコンの電源をつけていなくてはなりません。ですから例えPC前の席を離れるときでもシャットダウンをしてはいけません。ですので停電やパソコンのメンテナンスの時には気をつけた方が良いですね。そして、ごくまれに起こる事象としてFX会社が発注システムを変更したときや、取引規制や約款の改正などによる仕様変更の影響でEAの稼働がストップししまうことがありますので、普段からメタトレーダー4に表示されるメッセージのチェックは欠かさないようにしましょう。

FX取引の基本は忘れてはならない

環境面での配慮が行き届いたら、次は取引面での注意事項です。レバレッジがぎりぎりなポジションを持たないようにすることです。これは基本中の基本ですね。大量にポジションを持ってしまうと、大きく相場が動いたときに強制ロスカットになってしまったりして、ものすごく焦ります。ポジションは身の丈に合った分だけ保有して、必ずストップとリミットを入れておくのが鉄則です。EAによってはエントリーと同時にストップも付くものもあるので、自分でオーダー設定するのが面倒だと思う方はそのようなEAを選ぶことをおすすめします。